×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミュゼ横浜ららぽーと店《ネット予約限定》お得なキャンペーン!ミュゼ横浜ららぽーと店《ネット予約限定》お得なキャンペーン!

TOP PAGETOP PAGE > >> 脱毛をしていく際は、極力、日焼けは
脱毛をしていく際は、極力、日焼けは

脱毛をしていく際は、極力、日焼けは

脱毛をしていく際は、極力、日焼けは避けた方が良いでしょう。


なぜそうなのかというと、基本的な脱毛法は、施術の際、光をメラニン色素のある部分に当てて、脱毛ができるからです。そのようなわけから、日焼けをすると肌のメラニン色素が増え、光がより強く照射されてしまい、痛みが強くなってしまうのですよね。


医療脱毛それとも脱毛エステ、選ぶとしたら、どちらが良いのでしょう?一気にしっかり脱毛をしたい人には、ズバリ、医療レーザー脱毛が、お奨めです。


逆に、脱毛エステだと、より小さい痛みでできるので、痛いのが嫌だという方には、絶対、脱毛エステの方が良いです。それプラス、脱毛エステは、安価なので、気軽に通えるという利点があるんです。
脱毛ラボやミュゼ横浜ららぽーと店で採用されている方法は、SSC脱毛という方法です。
イタリアにあった会社が、日本の市場にむけて開発した方法だと言われており、痛みを極力抑え、肌にも優しいという利点もあり、安くてスピーディーな方法でもあるので、負担を軽くして、脱毛を行いたい方には、向いていると思いますよね。
ネットの掲示板などを見ていると、むだ毛に対する女の子の悩みが、書いてあります。

若い女子にとって、むだ毛が多い悩みはすごく深刻です。気になってしまう部分から、むだ毛が生えて、そのつど、気になってしまったり・・・でも、今は誰でも簡単に脱毛できるようになったので、そういった女子の方には是非脱毛エステに通って頂きたいと思いますよね。生理の期間に入ってしまうと、ハイジニーナのみNGというサロンもあれば、脱毛自体をうけられないところもあります。



なぜならば、生理中は、ホルモンのバランスが崩れて、痛みを感じやすくなったり、肌が荒れたりしてしまうからです。


ですから予約日が来たら生理が始まってしまっ立ということがないよう注意するようにしていきましょう。ミュゼプラチナム横浜ららぽーと店などの脱毛エステに通うよりは、自分で家庭用脱毛器を利用する方がいいんじゃないかと思う人もいますよね。一見便利そうにも見えます。ただその一方、家庭用脱毛器だと、目の届かない部分のむだ毛を処理するのには限界があるんです。


そのような観点から見て、脱毛サロンへ行く方が、より確実なのではないでしょうか?ハイジニーナ脱毛をうけると、陰毛がない分、尿の向きが今までと変わったりすることがあることがあるんです。また、日本の場合、ハイジニーナ脱毛自体が、浸透していないところもあるので、完全脱毛をした場合、温泉などで恥ずかしくなるケースもあるようです。

ミュゼ横浜ららぽーと店だと無料カウンセリングもやっているので、事前にじっくりと相談してみると良いと思いますよね。おへそ周りを脱毛しようとした際、どこのサロンへ行くかによって、どこまでがへその回りなのかが、ちがう場合がよくあります。

おおよそ5cmほどの範囲が、おへそ周りだと言われているようですが、事前に確認をするようにしておくのが良いでしょう。



実際、おへその回りの毛は、すごくしつこいので、注意が必要になるでしょう。



おなかのむだ毛を放っておくて、セクシーなビキニを着た時、恥ずかしくなってしまうのですよねが、それ以外にも妊娠をして病院へ行った時、ちょっと恥ずかしい思いをしてしまう可能性があるんです。

ただ、妊娠をしてしまった際、脱毛サロンで施術をうけることが出来ないので、おなかにむだ毛が多い方は、必ず、妊娠する前に処理しておくことをお勧めいたします。脱毛エステなどで、採用されている脱毛法は、光脱毛という方法です。光脱毛は、1998年を過ぎたあたりから、日本でもよく使われるようになってきました。

レーザー脱毛とくらべてみると、照射していく際の光は弱い為、痛みがより少なく、お肌に優しいというメリットがあるんです。ミュゼプラチナム横浜ららぽーと店が採用しているSSC方式も光脱毛の類ですが、「痛いのはイヤ」という方はうけてみたら良いでしょう。

関連記事

メニュー


メニュー



Copyright (C) 2014 ミュゼ横浜ららぽーと店《ネット予約限定》お得なキャンペーン! All Rights Reserved.